タミフルが予防接種代わりだ!

タミフルはインフルエンザ予防薬にもなる

タミフルの効果を詳しく知りたいならこちら
↑タミフルでインフルエンザ予防しましょう

タミフルはインフルエンザにかかった時の特効薬として有名です。インフルエンザにかかると呼吸器系の疾患と高熱が出て、風邪などに比べると症状も重いので大変です。特に子供や高齢者がかかると重度になる危険性もあり、毎年予防接種が推奨されています。しかし、予防接種をしてもかかる可能性はあります。タミフルはインフルエンザを発症後48時間以内に服用することで症状が重度になることを防ぎます。また、回復も早める効果もあります。効果はインフルエンザA型、B型にだけあり、C型にはありませんが日本で毎年流行するのはA型、B型です。
そんなタミフルですが、治療薬だけでなく予防薬としても効果があります。通常、タミフルは医師に診療してもらい、インフルエンザと判明した際に処方されます。しかしこの時にはすでに発症しており、高熱が出ている状態です。インフルエンザは2日間程の潜伏期間を経てから高熱を出し、発熱してから数時間経たないとインフルエンザの検査に反応しません。つまり医師の処方でタミフルを出された段階ですでに重度の症状に苦しんでいるのです。しかし発熱を発症する前に予防としてタミフルを服用すると、インフルエンザの発症が低いことが分かっています。そして一度インフルエンザにかかると完治するまでウイルスを人に感染させる可能性があります。しかし予防薬としてタミフルを服用すると発症前に体内のウイルスを死滅させることができるので、周りへの感染を防ぐ効果もあります。
しかしインフルエンザの症状が出ていなければ、タミフルは保険適用で処方してもらえないので全額自費負担になります。また、子供の服用は異常行動を起こす可能性があるため、10代への服用は禁止されています。もし、予防薬として服用する場合は注意して下さい。

■タミフルを使用する前にインフルエンザを知ろう
インフルエンザの感染経路とうつる期間