タミフルが予防接種代わりだ!

タミフルは一人暮らしの人が使うのは危険?

インフルエンザにかかってしまうと高熱や節々の痛みに悩まされることになってしまうことから、一日でも早く治したいと思うのが当然でしょう。安静に努めていれば一週間以内には完治することができるのがインフルエンザの特徴ですが、高熱や痛みに苦しめられる日々はとても長く感じるものです。そのため、タミフルが世の中に登場してきたことは多くの人に大きな衝撃を与えました。症状が出てきてしまってから2日以内に飲み始めれば、一日くらいは早く治すことができ、その間の症状も比較的緩和されるからです。その魅力に駆られて多くの人が服用するようになりましたが、それにともなって懸念材料も登場してきたのが事実です。タミフルを服用した小児が異常行動を起こしてしまい、死亡するケースすら何件も新聞沙汰になってきました。タミフルの服用との直接の因果関係はないものとされているものの、添付文書にも小児の服用時には親が監視をするようにという指示が記載されるようになっています。こういった異常行動についての情報を耳にしていると、タミフルを服用すると自分が異常行動を起こしてしまうのではないかという懸念を持つ人も多くなります。一人暮らしをしているとタミフルを使うのは危険ではないかと考えてしまうのももっともなことですが、現状としてこういった異常行動が知られているのは小児に限られています。そのため、小児が一人暮らしをしている場合には使うのは危険であると考えた方がよいでしょう。しかし、既に成人になっている場会いにはそれほどリスクはないと考えるのが適当であり、タミフルを使うことによって一日でも早く治した方がすぐに社会生活に戻れるというメリットを享受できるはずです。