タミフルが予防接種代わりだ!

タミフル登場後の行動計画と課税対象外の予防接種

インフルエンザは誰もが恐れる疾患の一つとして理解されてきましたが、タミフルの登場によって治療が可能であるということが知られるようになりました。タミフルが頻繁に使用されるようになる以前は、有効な治療薬がなく、安静にしているしか回復の手立てはないと考えられていました。しかし、タミフルによって回復を早められるということが知られるようになり、インフルエンザ治療は変革を迎えることになっています。しかし、インフルエンザの猛威は毎年止まることがなく、むしろ危険性を高める方向性に向かっているのも事実です。新型インフルエンザの登場は世の中を窮地に陥れているものであり、その対策となる行動計画の策定が求められるようになっています。国では基本となる新型インフルエンザ対策行動計画・ガイドラインを策定して紹介し、各地方自治体や企業に対して新型インフルエンザが発生した際の行動計画について明確なものを作成するように促しています。企業にとってはインフルエンザが社内で流行してしまうことは大きな経済的損失を生みます。労働力を失って業務を停止しなければならないリスクすらあることから、新型インフルエンザが流行した際にはそれが社内で流行することを阻止しなければなりません。その予防策を福利厚生費として課税対象外の枠組みで行っていくことも可能であり、その理解が広まりつつあるのが現状です。インフルエンザ予防に役立つ予防接種に補助金を出すというのは社員全員を対象とすれば経費として課税対象外とすることが可能です。特定の人に対して行うと課税対象となってしまうものの、全員の中の希望者に行うというシステムをとることによって福利厚生費として必要経費ととらえることができるからです。