タミフルが予防接種代わりだ!

強化月間による教育効果とタミフルの特許切れの影響

インフルエンザは毎年年末頃から冬の終わりにかけて流行する感染症であり、その集団感染もしばしば問題になります。社会的な問題ともなることからしばしばインフルエンザ予防月間やインフルエンザ感性防止月間として、流行開始が起きた月を設定し、多くの団体において予防や感染拡大防止のための情報発信と予防への取り組みの呼びかけが行われています。こういった強化月間の策定を行うことによって人々の意識をインフルエンザに向けることができ、その流行について失念していた人も予防を心がけるように促されています。インフルエンザ治療に役立つ医薬品としてタミフルが世の中に出てきてから月日も経ち、2016年の2月26日には特許が切れることになっています。その延長がなされれば最長で2021年の2月26日まで延びるものの、特許期間がすぎることによって多くの企業からタミフルのジェネリック医薬品が登場することになると期待されます。それによってより安価な医療費でインフルエンザ治療を行うことができるようになります。また、予防投与の場合には保険が適用できない場合が多いのが事実です。そういったケースでもジェネリック医薬品を用いることでより安価に購入することができるようになるため、タミフルのジェネリック医薬品の使用は広がっていくと予想されます。しかし、特許が切れる以前から既にジェネリック医薬品が存在しているのが事実です。インドでは特許申請が却下されたため、ジェネリック医薬品の製造販売が可能になっているからです。しかし、それほど競争がないために価格の低下は著しいわけではなく、特許切れによって競争が始まり、価格の低下も期待できるでしょう。